• 「自身のアスリート・カテゴリー」を理解し、いつまでに・どこへTUE申請をすれば良いのか適切に判断できる
  • 正しいタイミングで、不備なくTUE申請の手続きができる